進学英語コース 体験談

Image by Photoholgic

Sayakaさん

​学校:ユニバーサルイングリッシュカレッジ

​コース:進学英語コース(アカデミックコース)

オンラインで受講 

Sayakaさんの留学プラン

1.英語学校(アカデミックコース10週間)

2.専門学校(ディプロマコース2年)

​中級の英語力からスタートしたSayakaさん。渡航制限でオーストラリアに入国ができなくなってしまったため、日本から受講できるオンラインコースを受講し、専門学校への入学条件「IELTS6.0相当」の成績を収め卒業されました。

\来年の保育士留学に向けて始動し始めたSayakaさんからいただいた体験談をご紹介したいと思います/

●Sayakaさん、10週間のオンラインコースお疲れさまでした!進学英語コースを受けた感想をお聞かせください。

Sayakaさん:今回コロナ禍で現地に出発できないため、AEPコースをオンラインで受講することを決めました。以前の学校での授業の難易度にビビってしまっていた経験もあり(笑)、不安で始まったAEPコース(アカデミックコース)でしたが、全く歯が立たないという内容ではなく、今まで個人的に学んできた一般英語にプラスして、今後の進学を見越したアカデミックな内容を学べる内容でした。(例えば、一般的な会話ではこの表現でもOKだけど、アカデミックな場面ではこの表現に変えた方がいい、等。)

アカデミックなテーマについて話し合う機会も多かったので、日頃のニュースや時事問題等にも目を向けて置くことが大切だなと感じました。Reading, Listening, Writing, Speaking と満遍なく内容が組み込まれていて、課題も多かったので、なかなか大変な10週間でしたが、今まで学ぶ機会がなかったAcademic Englishを学ぶいい機会になりました。

●クラスの雰囲気、学生の取り組み姿勢はどうでしたか?

Sayakaさん:コロナ禍ということもあり、現地で授業に参加している生徒は、1〜2人で、ほとんどの学生がオンラインでの参加でした。年齢も国もバラバラですが、みんな互いへのリスペクトを持って参加している学生ばかりだったので、間違いを恐れず発言をできる環境でした。少人数に分かれてのSpeakingの時間では、学生同士で色々とお互いの境遇を話すこともでき、お互いオーストラリアに中々行けないもどかしい気持ちを共有したり、目標を話し合うことができて、すごく励まされました!オンラインでも意外と仲良くなることができ、国境が開いたら、現地で一緒に先生に会いに行こう、という約束もしたので、早く叶うといいなと思っています。

●先生の教え方はいかがでしたか?

Sayakaさん:Module1とModule2でそれぞれ違う先生だったので、それぞれの先生の授業の進め方に少し違いはありましたが、どちらの先生もフレンドリーで優しくて、丁寧に教えてくれました。

細かい間違いにこまめに訂正を入れてくれたり、逆に「ここは良かったよ!」と褒めてくれたり、とやりがいを感じられる授業でした。

Module1の先生からは、10週目の最後のテストの前にも『頑張ってね!』という内容のメールをもらい、細かく気を配ってくれる温かい先生に励まされて、無事10週間終えることができました。

●10週間の受講で、英語力の伸びを感じることはできましたか?

Sayakaさん:今までIELTS を受けたことがなく、10週間前、授業の中で最初にReadingとListeningの練習問題を解いた時は、問題の形式にも慣れず全然解けなかったのですが、10週間を終える頃には、平均して6.0くらいのスコアまで解けるようになりました。

先生からもこれをキープできるように頑張ってね、と練習問題が載っているWebsiteを送ってもらったので、勉強を続けて行こうと思います。

●今後の進路やオーストラリアでの抱負を教えてください。

Sayakaさん:今後は、国境が開き次第、オーストラリアの専門学校でChildcareを学ぶ予定です。オーストラリアの保育園で働きたい、という夢があるので、それに向かって勉強を続けたいと思います。

​\Sayakaさん、ありがとうございました。専門学校の勉強も頑張ってくださいね/

Sayakaさんが参加した語学学校はユニバーサルイングリッシュカレッジ

UECユニバーサルイングリッシュカレッジ

シドニーにキャンパスがある進学に強い語学学校。

専門学校や大学への進学を目指した学生が多く在籍するのが特徴です。

一般英語コースでは英語力に自信がない初級者から学べますので、集中して英語力をつけたいという人におすすめの語学学校。